007115
「宝彩BBマガジン」おたより掲示板(Ypp)
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
文字色

bvlgari serpenti watch steel Knockoff name:bvlgari serpenti watch steel Knockoff date:2017/05/10(Wed) 19:44 No.78
I am commenting to let you know of the fine experience our daughter obtained reading the blog. She figured out a wide variety of things, most notably what it is like to have an awesome helping spirit to get others without hassle grasp a variety of complicated topics. You undoubtedly exceeded visitors’ expected results. Thank you for producing such productive, dependable, educational and even unique tips on your topic to Sandra.
<a href="http://www.beauty-jewelry.nl/bulgari-serpenti-tubogas-watch-twotone-pink-gold-with-diamonds-sp35bspgd1t-replica-p558/" >bvlgari serpenti watch steel Knockoff</a> [url=http://www.beauty-jewelry.nl/bulgari-serpenti-tubogas-watch-twotone-pink-gold-with-diamonds-sp35bspgd1t-replica-p558/]bvlgari serpenti watch steel Knockoff[/url]

宝採BBマガジン27号読書感想文 name:ふうすけ date:2017/02/17(Fri) 00:31 No.76
 トモさんの「ひと夏の愛と欲の8要素表ワーク」を読んで、仕事嫌いの私が、日頃から仕事についてどう向き合おうか、どうしたら仕事が楽しくなるか、どんな修行をしようかと考えている中、この記事は凄く参考になりました。 特に「見返りを求めず、今、目の前にある仕事をする(give・与える)自分が少しでも楽をしようとする心を手放す(leave・手放す)それが自分の今やる仕事なのだと認め、受け入れる(accept・認める)仕事があるってありがたいことだなぁと感謝する(enough・満足する)」と愛の方向への転換が心に響きました。ありがとうございました。

 私は、食べる欲が肉体の欲か精神の欲かどこが境目かなどに注意しながら食事をすることにしていますが、ついつい、ガツガツ食べて、気づいたら満腹、家族からは、「もっとゆっくり食べて」と注意される毎日です。
 そんな中、まひこさんの「食べたい欲を「愛と欲の8要素」で見てみると」を読んで、よく観照されているなあと感心しました。私も、ガツガツ食べる元になっている欲を探してみたいと思いました。ありがとうございました。

宝彩有菜先生のはじめのことば「「愛と欲の8要素表」とは」を読んで、この表や解説は何度も見るけど、なかなか記憶できないなあ、この修行は苦手だなあという思いがいつもあります。理由の一つとしては、私は記憶力が悪いと思い込んでいるので、覚えることに抵抗があるんだろうなあとも思いました。しかし、興味のあることはすぐ覚えるから、欲を愛に転換する修行に興味が無いのかなあとも思いました。なぜ、興味が無いのかなあ?
 それでも、トモさんとまひこさんの事例を読んで、興味が湧いていきました。

 宝彩有菜先生の「沖縄合宿瞑想会 「そんなもの捨てちゃいなさい」」を読んで、とても楽しそうな瞑想会だなあと思いました。その瞑想会に参加したつもりになって、私の卒業したい、捨てたいプログラムは何だろうと考えました。
 第1位「仕事は早く済まさなければいけない」、第2位は「他人から非難されるのが怖い」、第3位「父ちゃんから認められたい」で、これをみんなから要らないと言ってもらいます。

私:「仕事は早く済まさなければいけない。」
みんな:「要らない要らない、そんなもの早く捨ててしまいなさい」
私:「仕事が遅いと父ちゃんの機嫌が悪くなるよ。」
みんな:「えー、そんなこと思ってたの?バッカじゃないの」
私:「仕事が遅いと死んでしまう。」
みんな:「へー、たまげた。それって変、ほーんと変」
私:「たしかにそうだよなあ。変だ。変だ。そんなの変だ。」(すっきりした。気持ちいい。)

こやってみると、すっきりしたと同時に不要なプログラム1〜3位まで父がらみだなあと気づきました。
 とても良い気づきと方法を学びました。ありがとうございました。

 かっちゃんさんの沖縄合宿瞑想会に参加してをよんで、とても楽しそうな、印象に残る瞑想会だったんだなあと感じました。私のマインドは、「宝彩先生とは機会があれば会いたいけど、わざわざ普通の人に会う必要は無いよ」と言っていたのに笑いました。いつか普通の人に会ってみたいです。
 瞑想会に参加してみたいと思わせてくれる内容でした。ありがとうございました。

 宝彩有菜先生のマリアの福音書解説 (第2回 そもそも罪はない)を読んで、旧約聖書の出来る過程とイエスが登場した時代背景が説明され、なるほどと理解出来ました。
 最後の晩餐の場面にイエスが残される弟子達を想って言ったと思われるところの解説は、感動して涙が出そうでした。特に「イエスは、「自分の中にいる、『本来の自分』を信じ、それに従いなさい」と言っています。
「あなた方を惑わす人が、『それは違う、我々を導いてくれる神は、こちらに居る』『あちらに居る』などと、出てくると思うけれど、正しく導くものは、自分の中にいる『本来の自分』だけだ。だから、それに従えば良い」とイエスが言ったのでしょう。イエスは、自分が居なくなった後の弟子達のことが心配でしたので、そのように、教えのポイントを、最後にもう一度念を押して話したのだと思います。」と解説している所が印象に残りました。ありがとうございました。

 宝彩有菜先生の第158回宝彩瞑想会書き起こし( 生きることと瞑想(3))を読んで、昔の若くて酒を飲んで母や祖父や多の大勢の人に暴言吐いてケンカしていた父に、その当時幼い私が言いたかったこと、我慢して、恐くていえなかったことは何だろうと考えました。
「恐いよ。恐い。恐い。恐い。やめろやめろやめろ。怒鳴るな。怒鳴るな。どなるな。おとなしくなれ。うるさい。怒るな。バカヤロー。母ちゃんをいじめるな。くらわすぞ。ひどい親だ。ひどい親だ。そんな親は要らない。死んでくしまえ。死んでしまえ。死んでしまえ。くそやろー」
これを書いて、黙読しただけで胸のつっかえがとれたような気がしました。大声で、体を使って言えるところで言ってみたいと思います。ありがとうございました。
それと、とてもとても興味深かったのが、宝彩有菜先生がビックバン後の会社勤めの頃の内容です。特に「そこの人間関係のところのプログラム、バサッとなくなったら、偉いさんが来ても何ともないし、逃げようと思ったら逃げられるし、逃げたいと思わなければそこにもいられるし。でも気分悪くいるわけじゃなくて、別に好きでも嫌いでもない。どう言われても対応できるというのが、あるのかな。構えてないんだよね、全然、なんにも。だから、すごく気が楽というか。肩の荷が下りたというか。緊張感がなくなったというかね。」の所を読んで、人と接していて緊張する瞬間は、何かのプログラムが起動した証なんだと改めて思いました。もっともっと宝彩有菜先生のサラリーマン時代の話を聞きたいと思いました。ありがとうございました。

 チバさんのストロベリー幸せ研究所(第6回 ドゥプニエール橋のまぬけな幽霊)、第8章の「がっかりしているということは」で、瞑想でのエクスタシーを意識しないようにしているつもりでも、それが来ないことに「がっかりしている」ことに気づき、自分で笑ってしまうところが面白かったです。私の方は、瞑想を開始して一度もエクスタシーを感じたことは無く、最近は気にしないというより諦めている感じになっています。私にとって瞑想とは、歯磨きや入浴と同じでやらない気持ち悪いものとなっています。瞑想が習慣になるとともに、瞑想が深くなることへの諦めとマンネリ化があるなあとも思いました。
 第9章の「ドゥプニエールの幽霊たち」の中で、気分の悪くなる思考をカウントすることについて、「この「気づき」っていうのも、マインドがやっていることだよな、実は。アタマの中に「気分が悪くなる考えに気づこう」というタスクが立っているから、「気分が悪くなる考え」に気づける。これは「あの投稿をどうしよう」というタスクとまったく同じレベルの懸案事項ってことだろう。だから、その「気づき」をしっかりやろうと思うと、タスクとしての優先順位が上がる。逆に、「あの投稿をどうしよう」というタスクは出てくるたびに「後で考えよう」と思うことによって優先順位がどんどん下がっていったんだろうな。」とあり、カウントの効果を論理的に説明している箇所に、なるほどなあと納得出来、積極的に悪い気分やその元となる思考をカウントしようと思いました。
 また、愛転化の難しさや悪い気分を生み出す思考のカウントと同時に行うことで愛転が自然と進んでいく過程が分かりやすく理解出来ました。
 マロンが思いにふけながら雨を眺め、最後の詩のようにくだりにつながるところは、肩の力が抜けるような、ほっとするような、感動するような思いになりました。ありがとうございました。

26号、楽しく読ませていただきました。 name:テンチチ date:2016/06/22(Wed) 16:24 No.75
今回、ヒーリングセッションの記事があるとのことで、とても楽しみにしていました。いろいろ、取り入れていきたいなと思うことがありました。掲示板でおなじみの方々の記事を読むのも、すごく勉強になるし、励みになります。

そして、宝彩先生に送った自分のレポートが載っていて、びっくりしました。

私のその後を報告させていただきます。
脱親コースを終えてすぐに両親と2週間ほど暮らす機会があり、実は最初は私と両親の関係は変わっていないかのように見えたのですが、一度、父と恒例の喧嘩をした後に、ふと自分がリングに自ら上がっていて、降りるのもこのまま居続けるのも自由だと気付きました。脳が勝手に新しい回路を開いた快感でした。

私の壊したかった岩(プログラム)が見えて、その岩の裏を見たら、ハリボテだった、そんなアニメのような映像が思い浮かびました。
ずっと大きな岩だと思っていたものがハリボテになったのは、あの、沢山書き込んだワーク一つ一つのおかげだと、思っています。

6ヶ月前、ワーク後に感じていたことを読み返す機会をくださって、ありがとうございました。
書いた内容をすっかり忘れていたにも関わらず、あたたかい涙を流しながら読みました。

これからも、宝彩BBマガジン、楽しみにしています。

宝彩BBマガジン第25号の感想 name:ふうすけ date:2016/03/12(Sat) 23:33 No.74
 はじめのことば(宝彩有菜先生)「マインドの檻から脱出」を読んで,
 特に「マインドの檻」の詩がとても印象に残りました。
 マインドという執事が小さい頃から片時も離れずわたしを大事に大事に守ってくれてとても有り難いことだと思えました。
 しかし,その性質から守りすぎてわたしを檻に入れてしまう,執事にとればそれも無理もない流れだとも思いました。
 檻に入っていることとその不自由さにわたしが気付き勇気ある一歩を踏み出し,ついには檻から出て自由になる。自由になったわたしを執事も喜び見守る。私が執事であっても本当に喜ぶだろうと思いました。
 心配性の執事はわたしをバリアー(檻)から出して危険にさらすことは出来ないけど,わたしが自ら檻から出て自由を満喫する大人になって強くなった姿を見ると心から喜び安心するはずです。執事も本当はそれを願っていると思えることが出来る詩でした。執事への感謝と檻から出る勇気の出る詩でした。ありがとうございました。

○欲を落としたら、またハッピーな自分( テンチチさん)を読んで,本当に人の評価から離れてところにある自分の幸せっていいなあと思いました。『あなたにとって、一番よいコンディションになりますように願っています!いままでありがとう。』の言葉に私の気持ちもほぐれました。ありがとうございました。

○ 小さな一歩は大きな一歩(トモさん)を読んで「欲」と「強欲」,修行は「強欲を落とす」ことを意識するようになりました。
 自分の励みになる欲と自分を苦しめる強欲そんな分け方で区分してみようと思いました。ありがとうございました。

○私は私のままで大丈夫( かっちゃんさん)を読んで「私は私のままで大丈夫」を改めて私も唱えてみました。
 私は私でいいんだ。今のままでいいんだと思うことが出来,気持ちが落ち着きました。
 今まで生きてきただけでも大儲け。これからも生かされていくありがたさとも思え,私の存在が愛おしくなりました。
 確かに「私は私のままで大丈夫」の意味は深いです。
 これから,どんどん唱えていこうと思いました。ありがとうございました。

○大声を出してみたら( tomoko+さん/宝彩有菜先生)は,ちょうど私も自心脱親コースを受講中で,大声を出すワークを2回終えたところで読ませて頂きました。私も大声を出すのは恥ずかしくてカラオケルームでもなかなか出来ませんでした。
 そんなときにこの記事を読んで勇気をもらいました。特に「今では、叫ぶだけで何か変わるなんて、こんな簡単で素晴らしいワークがあるなんて!という気分になっています。」の文に励まされ,3回目,4回目を行えました。3回目で大声が出せ,4回目ではすっきりした感じがありました。
 勇気をありがとうございました。

○第158回宝彩瞑想会書き起こし 生きることと瞑想(1)(宝彩有菜先生)を読んで,「自分を守るために学習する」のところで,小さい頃だから守ろうとする自分のイメージも幼い,小さな,無力なものなんだろうなあ,その自分を守るためだから一生懸命にそのすべを学習したことだろうと改めて理解できました。
 また,「疑似体験からプログラムされるもの」から,親父が部下や家族を毎日毎日怒鳴っていたのを,幼い私は疑似体験として学習したんだなあと気づきました。ぐずぐずしていると怒鳴れる,ぼーとしていると怒鳴られる,機嫌が悪いと怒鳴られるから機嫌を常に伺おう,笑顔の時は安心だ,などなど,怒鳴られている横から一生懸命学習している幼い姿を思い浮かべました。大声のワークをあと2回はやろうと思います。
 「プログラムは見直しが必要だが難しい」のところでは,修行していない人は超難しいだろうから,修行している私がその人その人で立ち位置を変えながら気軽に生きていこうと改めて修行意欲がわきました。
 「親と子供の反応パターンの図」を見ながら親父の影響力と私の感受性の関係で,今の私が出来上がったのかなあと考えました。
 気長に修行に取り組めば,気楽な私になれそうな気がしました。
 ありがとうございました。

○愛からの行動(チバさん)を読んで,私もこっそり穴を埋めたくなりました。贈り物など相手の喜んだ顔を想像するだけでうれしくなります。こっそりとするには,誰が送ったかを分からなくするのが良いのでしょうが,それでは受け取ってくれないかも??こっそり良いことをするには頭を使いそうですが,楽しい使いかだが出来そうだと思いました。楽しみがまた一つ増えました。ありががとうございました。

○ マリアの福音書解説(宝彩有菜先生)「 第1回 イエスの愛弟子マリア」の宝菜先生が行った章立てと概要を読んでだけでワクワクしてきました。
特に3章と10章は目をひきました。悟ることを教えることと宗教とは大きな違いがありそうだと感じてきました。こらからがとても楽しみです。ありがとうございました。

○ ストロベリー幸せ研究所(チバさん)を読んで,瞑想する意欲がどんどん湧いてきました。瞑想したいという感覚を大切にしながら瞑想の回数を増やせる工夫などもしたいと思いました。ありがとうございました。

宝彩BBマガジン24号の感想文 name:ふうすけ date:2015/10/20(Tue) 20:58 No.73
 はじめのことば(宝彩有菜先生)(鎧や兜はもう要らない)を読んで,私は欲と欲,プログラムとプログラムがぶつかり合って苦しくなったんだなあ,でも苦しくなると言うことは相当に成長できたんだなあと理解できました。   同時に,一生懸命プログラムを作り,乱立させ,その調整をなんとかんとかやってきた,精一杯生きてきたんだなあと思え,熱い気持ちにもなりました。
 よし,これからは,このプログラムの整理を行い,知恵の完成に向けてやるぞおおという気合いも入りました。ありがとうございました。

 お守りを手放す時( トモさん)を読んで,私の中の正義についても考えるきっかけとなりました。
 私は,正しいと思ったことはそれを相手に押しつけてしまう傾向があります。
 その押しつけるエネルギーを怒りで補いながら。
 怒りを伴ってまで押し通そうとする正しいことって何だろう。マインド君考えてと投げてみました。
 マインド君の答えは,正義=プログラム,私のプログラムは正しい,正しいことをするのは当然のことだ,正しいことなら大概のことは許される,正しいことは勧めた方が良いよでした。
 さらに,正義の反対は悪,悪人は滅ぼされる,受け入れられない。だから,正しいことをするんだ,悪いことは出来ない,なぜなら悪いことをすると仲間はずれになるり,それはとても怖いよ。
 つまり,認められたいから正義をする。悪は認められないから怖いのでしないという理屈でした。
 そこで,その正義の基準は何とマインドに尋ねると父の正義,母の正義,祖父母の正義などを受け継いだ,認められたいと努力した結果だと答えがありました。
 トモさんの気づきから私もいろいろ気づくことが出来ました。
 また,トモさんはずいぶん深く正しさの根っこを探っていたのに習ってもっと深いところを探してみます。

終わりの方で 
{あなたはいつもそこにいていい。あなたはあなたでいることをちゃんと許されているんだよ。「正しさ」を自分のためにだけ使うと自分が苦しいんだよ。}というメッセージがありました。
 自分以外のために正しさを使ってみようかなと思いました。どう使えばいいかまだ分からないけど。
 気づきの種となる記事をありがとうございました。 

 先生、この世は優しかったんですね。( ma-chiさん)を読んで,最後の方になって目頭が熱くなりました。今は高齢な母と二人暮らしと境遇がにているせいもあり,より親近感を持って読めました。感情移入できました。
 私も修行が進むにつれ自分や母にどんどんどんどん優しくなれるんだなあと思えました。ありがとうございました。

「瞑想と心の癒し」岡崎合宿瞑想会講話録から《後編》(宝彩有菜先生)を読んで,最初の「犬は危険だ」をプログラム化するところで,犬から噛まれなくても噛まれた人を見て犬の危険を学習していくとの説明に,ああそうかと思い当たることがありました。
 私は怒られそうな予感ことがとても怖いんです。小さい頃からそんなに怒られたこと無いのになあと不思議に思っていました。
 そうだ,そうだ,父が怒っていました母や他人を鬼のように,よし,敵が分かった,心象の親父と勝負だやっつけてやると闘志が湧きました。
 しかし,マインドは自分に起こったことばかりか,周りで起こったことも自分に降りかかった場合を想定して学習していくんですね。超優秀だ。
 不要なプログラムを抜去するのに一番手っ取り早いのが,解釈の変更で,その方法を3つ示していただきました。
 3番目の方法,現在の幸福度の増進が過去への執着の手離しにつながるという話しの中で,自分が今不幸だと思っているとさらに不幸になるのは嫌だから慎重になりプログラムに執着する。今が幸福だと思えるのが究極の強さで,幸福だと自分を守る必要もないのでどんどんプログラムを離していけるという内容がとても印象に残りました。幸福=究極の強さという概念は今までまったく無かったので,衝撃的でした。幸せになると強くもなれてお得なんですね。
 また,なぜ不幸だと思っているとプログラムに執着するのか,これまで理解できなかったんですが,泣きっ面に蜂を避けるために,もうこれ以上辛い思いは沢山だという思いなんですね。なるほど,幸せなら,多少不幸があったもへっちゃらだと気楽に構えますね。気楽さが強さなんですね。とても良い概念を頂きました。有難うございました。

ストロベリー幸せ研究所(チバさん)(第4回 ストカノフ海峡の精霊の吐く息)を読んで,面白く,楽しく,感動的でした。
 「ストカノフ海峡の精霊の吐く息」「いるかの昼寝亭」「わたしを幸せにしてみなさいよ」「ストロベリー幸せ研究所」など言葉がユニークで面白いです。
 「心の力学」という言葉はマインドを説得するときに使えそうです。
 おっとりマロンと活発な女の子のバニラとの会話が楽しいです。二人はいいコンビですね。
 「わたしを幸せにしてみなさいよ」なんかインパクトのある台詞です。
 心の力学の実験をするような感じでこの鋭い問いに応えていく感じが好きでした。
 迷惑をかけて申し訳ないと感謝,その違いにガツンときました。「ありがとう」か「すいません」に修行的にこんな大きな違いがあるなんて。
 最後に「すいません」から「ありがとう」に変わったバニラに共感して胸が熱くなりました。
 5回ぐらい読み返しました。ありがとうございました。

修行を諦めたあとに見えたもの( クマジロウさん)を読んで,とても心強く感じました。何かがあり修行を中断しても実は進んでいる。いろんな出来事を糧に修行は進んでいく。一度修行を開始したら後戻りはしないという宝菜先生の言葉がクマジロウさんの書いた内容で深く心に落ちたような気がします。
 これから勇気を持って修行や瞑想に励めそうです。人生の保険を得た感じになりました。ありがとうございました。

 イエスと弟子トマス(宝彩有菜先生)第12回 粉を満たした壺を読んで,
20世紀に発見された新たな福音書が宝菜先生により瞑想や悟りをキーワードに2000年の時を経て蘇ったという感じでした。
 また,シリーズを読み終えて,イエスは瞑想と悟り方を教えながら弟子たちと楽しく過ごしていたんだなあというイメージが私の中に定着しました。
 今回の内容では,豚に真珠はとても印象に残りました。見向きもされないばかりでなく反撃される,逆ギレされる可能性があるとすると要注意だなと。愛を与える相手を選ばないとと思いました。
 最後の項は私の想像をとてもかき立てました。修行や悟りの到達レベルは低いが組織を作ったり人を支配したりするのが長けているマインドを持った弟子が宗教や組織をつくっていったのかなあと。
 とにかく修行や瞑想の動機付けになる内容でした。ありがとうございました。
 
●『 りゅら姫物語』を読んで(かっちゃんさん)を読んで,共感します。まさに現代のバイブルだと思います。ボリュームがあるけどあっという間に読める本です。詩との融合も感動的です。
またりゅら姫たちに会いたくなりました。読んでみよう。

「 記事を書いてはいけない」のは、なぜ?( 智さん)を読んで,とても興味深い内容でした。私は宝菜BBマガジンの感想を書いたり,新たな記事を投稿させて頂いています。
 書くことは思いついたままを書いていますが,投稿する際に「こんな内容を出したら,スタッフに迷惑をかけてしまうのではないか」という「迷惑をかけたくない=しかられたくない=失敗をしたくない=認められたい」プログラムが起動して,逡巡することが多いです。
 今後は,書く際の欲をあぶり出してみたくなりました。とても面白かったです。ありがとうございました。

編集後記の宝菜先生の記事の
「毎号思いますが、集まってワイワイガヤガヤ本をつくるのは楽しいものです。何が楽しいのか。コミュニケーションだと思います。
自分の意見を真剣に聞いてくれる人が居ることは嬉しい。編集作業中に、もっと伝えいこと、言いたいことに深く気付かせてもらうことも嬉しい。自分の良い面を引っ張り出してもらうことも。また、相手の真意を引き出せた時も嬉しいものですね。心のコミュニケーションが本づくりの醍醐味だと思います。」
を読んで,宝菜BBマガジンに投稿して,ちょこっと編集でスタッフの方々の意見を受け,修正しての作業の中でこの宝菜先生の記事の内容を実感しています。「迷惑をかけたくない」プログラムをかいくぐりながら投稿するのは,そこに気づきがたくさんあるからだなあと感謝しています。

 この号で幼い自分にありがとうを言えたお陰で,とても気楽になれたような気がします。
 e-講座,掲示板,本,瞑想会,質疑応答,宝菜BBマガジン,宝菜日曜新聞,ことのは通信など本当に多種多様な方法で修行や気づきの機会を与えてくださって宝菜先生とスタッフの方々に感謝です。ありがとうございました。

ふうすけ

宝彩BBマガジン23号の感想 name:ふうすけ date:2015/05/04(Mon) 22:42 No.72
一気に読ませていただきました。今号も読み応えがあり,面白く,修行や瞑想のヒントが盛りだくさんでした。ありがとうございました。

 今回,読んで一番スッキリしたのは,今抱えている私の瞑想に対する疑問がとれたことです。
 宝彩先生の「「瞑想と心の癒し」岡崎合宿瞑想会講話録から」にあるレジメの図を見て,そうかと合点がいき,瞑想は楽しもうと心が定まりました。
 やんげさんの「 2014年秋・岡崎瞑想会に参加して」の中の瞑想時のC呼吸のやり方の所を読んで私もスッキリしました。また,瞑想とエクスタシーの部分に共感しました。とても参考なりました。ありがとうございました。
 チバさんの「ストロベリー幸せ研究所」,ますます物語の中に修行や瞑想に関する伝えたいことが溶け込んできて読んでいて楽しくなりました。私は夜明け頃に瞑想をすることが多いのですが,その頃は,ちょうど鳥が鳴き出す時刻で「鳥の声最高」と気持ちよく聴いたいたのですが,この物語を読んで,なるほど,聴いているだけでも雑念なんだと再認識しました。早速宝彩先生の瞑想CDを使いながらの瞑想に変えました。いやあ,このCDは,本当に雑音を消してくれますね。有難い。
 また,{要は、マインドにできることは考えることだけなので、無思考になろうと思うと、ではどうすればそれができるのかを自動的に考えるというだけのことです。どうすれば考えを止められるか、その答えを考える必要はありません。なぜなら、その答えを考えると、考えは止まらないからです。}の部分が響きました。大変ありがとうございました。
 
 宝彩先生の「イエスと弟子トマス(宝彩有菜) 第11回 風に揺らぐ葦」は,読み応えがありました。
 特に,迫害に対して,{イエスは、「迫害された」という思い、その「苦痛の思い」に限っていえば、それも、思い方次第だよ、消そうと思えば消せるよと言ったわけです。}の部分にオー迫害おまえもかと驚嘆しました。
 また,真我の説明をイエス様もお釈迦様も泉に例えているんだと知り,時と場所を越えた中の共通性に感動しました。
 {自分が真我にたどり着いた時には、そんな感じになる。マインドを置いてきているわけだから、自分と他との区別もできない。比較もできない。境もない。だから、自分が無い。無我だ。無我だけど『自分』は在る。存在している,それはわかる。では、自分の大きさや範囲はどうかというと分からない。境がないから無限だ。無限に巨大だ。宇宙と同じだけの大きさだ。言葉もない。思考もない。時間もない。空間もない。だけど、真我はそこにある。存在がある。そんな感覚だ。}の部分に対して,私のマインドは,「自分という概念が無くなれば,このようないろんなものの境が無くなるという理屈は理解できる。しかし,そんな中に「自分」は在るとはなんだそれは?」と考え込んでいました(笑い)。「なるほど,自分という概念が無くなったときに感じるものを「真我」と呼ぶんだな」と結論を出して安心しているところがおかしかったです。所詮体感するしかないですね。

「 始めよう。瞑想」のススメ( やんげさん)の記事を読んで,面白そうなのでこの本を注文しました。ありがとうございました。
「頭に効いて、心に響く『賢く忘れて、幸せになる』( チバさん)」を読んで,この内容は宝彩BBマガジンでは読ませていただきましたが,さらにバージョンアップをしているとのことなので,環境が整えば読んでみようと思いました。ありがとうございました。

 私は,宝彩BBマガジン(名作)を何度も何度も読み返しています。毎回気づきや,理解できる箇所が増えたりと,普段は気づきにくい自分の成長を確かめるいい機会になっていることを実感しました。宝彩先生のはじめのことば(名作はしばらくして再読してみよう)のとおりだと思いました。

 またまた私の宝物が増えました。ありがとうございました。

 ふうすけ

宝彩BBマガジン第22号の感想 name:ふうすけ date:2015/01/09(Fri) 18:57 No.71
 この号も修行や瞑想を行う上でとても参考になる内容でした。ありがとうございました。
 はじめのことば(宝彩有菜先生)「知恵の完成」への狭き門では,知恵の発生から知恵の完成までの詳しい解説がありました。特にA知恵の発達(苦諦 くたい)で{自分の命や安全を守っていくために、四苦である、生老病死の苦痛の回避のために知恵が発達していきます}のところを読むと知恵が発達するのは当然だなあと感じます。欲ではなく知恵という表現がとても気に入りました。
 また,D知恵の完成(道諦 どうたい)では,{瞑想をそれらの欲望実現の手段と同様に考えていたのでは、第四段階の知恵の発展になるだけです。それは、なんら、一般の成功志向と変わりません。すると、自分の瞑想はあまり進んでいないとか、遅れていると嘆くことになります。}というところが強く印象に残りました。瞑想が進むとか進まないと考えている間はまだまだ第四段階を抜けられないんだなあとよく理解できました。

 朝瞑想について(宝彩有菜先生)では,これまで私の中では聞いたことのない瞑想の棚上げについての解説があり,嬉しくなりました。
 それは, {「それは、後で考えよう」「15分後に考えよう」「今は瞑想中だから後で考えよう」などと、そのように納得させて、その考えをやめさせるということ。
そうすると、面白いことが起こります。重要だと“思っている”案件がこれは重要であるという“ラベルを貼った案件”になっちゃうんですね。で、そのまま棚上げしちゃうと。そうすると、重要だとラベルを貼ってある案件が棚の上に並んでくるわけです。
で、考えてるときは、そのことがすごく重要だと思うんですけど、棚上げして並べてみると、あれ、この案件よりこっちの方が重要だなとかね、順番から言うと、さっき考えてたの大したことなかったな、もっと大切なことがあったとかいうことになるわけ、客観的に見ると。そういうこと、頭にやらせればいい。そのためには、「これは今、考えない。後回し」と言って棚上げして、ずらっと棚の上に並べてしまう。そうすると、大きい小さいが一目瞭然で、その考える主体であるマインドも、瞑想が終わって、さあ何からを考えようかというときに、「あ、これから考えよう」と、さっきとは違う案件から進めることもできるというか、そういう整理ができるわけね。}
 なるほど,棚上げした案件は,棚の上に並べられて比較検討されるのかと思うと,ますますどんどん棚上げしたくなりました。

●『感情の整理術』と「プログレスコース」の相乗効果(かっちゃんさん)のこの本でターゲットとなる感情を把握して,プログレスコースの修行でその感情に先行する思考に対応するという相乗効果という視点は大事だなあと感じました。

● イエスと弟子トマス(宝彩有菜先生) {第10回 一人が死に一人が生きる}では,
手段が目的化するというのは,マインドのクセみたいなものなのだなあとよく分かりました。常に注意していないと思いました。

● ストロベリー幸せ研究所(チバさん)( 第2回 ちょうどぴったりの太さ)では,

{こんな簡単な言葉に集中するなんて、簡単だなあ……オーン、ナーム、スバーハー、だんだんいい感じで、オーンナーム、リラックスしてきたなあ……スバー、風の音が気持ちいい、鳥の鳴き声も……オーン、聞こえる、ああ、なんだかすごく気持ちいい(チチチチチ、ついついつい、ピチュピチュピチュン、ついつい)いろんな鳥がいるんだな……ナーム、スバー、瞑想って気持ちいいものだなあ。オー……すごい落ちつく……。そういえば、瞑想すると雑念が出てくるってチマ茸くんは言ってたけど、全然出てこないなあ、スバーハー、あれ、今、なにか間違えたかな。まあ、いいや、集中、集中。ええと、そうそう、オーン、ナーム、スバー、ハー、雑念がないってことは、スバー、ハー、もう無心になってるってことなのかな。オーン、今のところ懸案事項といえば報告書ぐらいだし、それは今すぐどうこうできないし、あ、また鳥が……。
あれ? 今、ぼくは考えているのか? ぼくは、今、鳥の鳴き声が聞こえるって思った。その前は、たしか雑念が出てこないって思ったんだ。ひょっとして、ぼくはずっと……。ああ、そういえば、チマ茸くんはマントラ以外の思考は全部雑念だって言ってたような。ええ〜、じゃあ気持ちいいとかそういうのも全部雑念だってこと?
……って、今も考えてる。って、今も考えてた。無思考になるには、これも全部考えちゃいけないのか? ええ〜、そんなことできるのか?}

{でも、気持ちよかったのはなぜだろう?}

なんだか私の頭の中みたいで笑ってしまいました。でも,気持ちよかったのはなぜ?の答えが知りたいです。

● 身体さん、ありがとう(Sunnyさん)
{これからは、この身体の声に耳をよく傾けて、よく話を聞いてやり、大切にケアして、二人三脚で生きていこう、と思います。}に共感します。

編集室レビュー:宝彩リフレッシュタイマーの休息1分は面白そうだなあと思いました。私は携帯タイマーを使い15分置きに姿勢を変えていますが,休憩を挟むのを意識的にやってなかったので参考にします。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

処理 記事No 暗証キー

- Hosai BB Magazine -